Top > 龍馬伝

龍馬伝

龍馬伝一覧

大久保利通役

龍馬伝の大久保利通役、決まったそうです。 ミッチーこと、及川光博さん。 運命を感じたとか。   そういえば、まだ大久保利通は登場していませんでした。 西郷・小松と並ぶ、薩摩のキーマンです。 倒幕派だったため、京都で岩倉具視あたりと暗躍するあたりからでしょうか。   ストーリーで行

大久保利通役の続きを読む>

長崎から薩摩へ

長崎から薩摩へ、龍馬が舞台を移します。   長崎は、亀山社中でお龍を紹介するくだり。 また、グラバーや小曾根たちと再会します。   その後の薩摩での療養は、いわゆる日本初の新婚旅行。 この後の運命を考えると、一番のんびりした時間かもしれません。   薩摩を離れると、歴史

長崎から薩摩への続きを読む>

寺田屋事件

前回は、有名な寺田屋事件でした。 お龍さんが、お風呂から探索方を発見するという。   この事件で、龍馬がピストルを使ったのは知られています。 手を負傷したのは、その後の薩摩療養につながります。 日本で初めての新婚旅行というやつですね。   ドラマ後半で、屋根の上で潜伏する場面があ

寺田屋事件の続きを読む>

グラバーさん

グラバーさんと龍馬の攻防、見ごたえありました。 龍馬の商売の本質を考えた決断、よかったです。 バックをさらすことで、主導権を握りましたね。   亀山社中の交渉も、見ごたえ満載でした。 すこしでも有利に、という攻防です。 お金で無理なら、サービスさせたり。 まさに、商人とう感じです。 &nb

グラバーさんの続きを読む>

薩摩と長州

薩摩が、ついに長州と接近しました。 西郷のほぼ独断で、龍馬が動きました。 その後、薩摩の正式な決定になりました。   この背景には、海禁政策があります。 もともと薩摩は、琉球を通じた交易が黙認されていました。 その利益で、南の要として国防を任されていました。   同様のことは、対

薩摩と長州の続きを読む>

長崎での龍馬

龍馬伝、いよいよ長崎まできました。 日本は海禁政策で、他国との交易を制限していました。 その中で、唯一開かれていたのが長崎です。   藩の交易は、基本的に禁じられていました。 ただ幕末は、幕府の弱体化で形骸化していました。 それでも、長州に手をかそうという藩はいませんでした。  

長崎での龍馬の続きを読む>

龍馬の帰国

先週の放送で、龍馬が土佐に戻りました。 武市や岡田を、助けるための行動でした。 演出なのか、事実なのか。 あまり知らないストーリーです。   吉田東洋に、龍馬は認められていました。 そのことは、後藤も承知していたはずです。 なので、龍馬が吉田を斬るということはありえないと思うはずです。 &

龍馬の帰国の続きを読む>

神戸操練所

神戸操練所、閉鎖になりました。 勝海舟、最初の失脚です。 出る杭は打たれるというか、発想が「日本人」すぎました。   理由は、脱藩浪士を抱えていたためとか。 でも幕府は多額の援助をしていたわけどもなく。 結局、尊皇攘夷の動きの中で厄介者にされたってこと。   しかしながら、倒幕の

神戸操練所の続きを読む>

後藤象二郎

ここ数週、勤皇党の拷問シーンです。 後藤象二郎を、印象付けるような演出でしょうか。   後藤象二郎といえば、王政復古の大号令。 龍馬から、船中八策としてさずけられたといわれています。   倒幕の動きは、長州を中心に薩摩が援護する形ですすみました。 土佐は藩主が佐幕派でしたから、主

後藤象二郎の続きを読む>

龍馬ゆかりの地

大河ドラマのゆかりの地は、毎年賑わいますね。 龍馬の場合は、やはり土佐でしょう。 あとは、長崎の亀山社中のあたり。   京都では、龍馬の墓があります。 霊山史料館のそばですから、清水寺にも近いです。 どちらかというと、勤皇の志士の墓が集まっている感じです。 史料館にも、幕末の展示が多くあり

龍馬ゆかりの地の続きを読む>

新選組登場

龍馬伝に、新選組がついに登場しました。 当然登場するとは思っていたけど、意外に早かったです。   新選組!の時とは違い、今回は脇役ですけど。 現状は龍馬は幕府方、というか勝海舟に師事していますが。 いずれ、薩長方になって敵になります。 敵になってからのほうが、からみは多いかと。 もっとも、

新選組登場の続きを読む>

二本差し

幕末はわかりませんが、刀には決まりがあったと思います。 江戸時代になっての話ですが。 武士は二本差し、浪人は一本差しだったと思います。 町人は旅の道中に限り、護身用に短刀や懐刀を携行できました。 短刀の形をした小銭入れもあったようです。   大河ドラマは時代考証が細かいことで有名です。 幕

二本差しの続きを読む>

勝塾ピンチ

勝塾がピンチですね。 結局は神戸操練所もろとも、頓挫しますけど。 当時は、幕府より諸藩の方がお金持ちだったようです。   松平春嶽にお金を無心したのは、知りませんでした。 幕末というと、新選組のほうに目が行ってしまうので。 しかしながら、気前よく貸してくれたものです。 もっとも、越前は金持

勝塾ピンチの続きを読む>

山内容堂

山内容堂が、悪者みたいになってますね。 昔の漫画の、お~い龍馬ではもっと悪く描かれてた気がします。 土佐勤皇党の弾圧者、といったところでしょうか。   そもそも山内家は、功名が辻でも描かれていました。 最終的には、徳川臣下の大名として土佐を拝領しました。 山内容堂は、松平春嶽などと並ぶ佐幕

山内容堂の続きを読む>

望月亀弥太

望月亀弥太、登場しましたね。 勝塾に、送り込まれてきました。 この人、最期は池田屋だったと思います。 以前の新選組!で、亀と呼ばれていました。 池田屋からは負傷したものの、脱出して。 最期は藩邸に入れてもらえず、死んでしまったという設定でした。   ドラマの中では、勝思想に感化されているよ

望月亀弥太の続きを読む>

内野聖陽

大河ドラマではないけど、内野聖陽さんが日刊スポーツの助演男優賞受賞。 JINの方の、龍馬役です。 内野聖陽といえば、風林火山の山本勘介役でした。   役作りのために、高知に相当かよったようです。 空気や風土まで学ぶために。 そのうち深夜まで飲み歩くようになり、 土佐弁は飲み屋仕込みとのこと

内野聖陽の続きを読む>

本所南割り下水

本所南割り下水。 字だけ見ると、汚い下水みたいですけど。 今の、高速7号線の下あたりを差すようです。 勝海舟なども、住んでいたあたりです。   名前の由来は、細い川と屋敷が一体になっていたからとか。 当時の江戸の上下水は、世界一とも言われています。 北十間川あたりも、そういう地域だったので

本所南割り下水の続きを読む>

勝海舟と龍馬

龍馬の弟子入りのいきさつについて書きました。   今日NHKのステラを偶然見かけて、同じ内容がありました。 歴史学者が見解を書いていました。   歴史の見解は、龍馬と千葉重吉が勝に考えを改めるように意見した。 聞き入れない場合は、斬る覚悟だった。 しかし地球儀などを見せられ、日本

勝海舟と龍馬の続きを読む>

龍馬の弟子入り

前回の話です。 勝海舟の「聞かせつくんな」に答えた内容。 明治時代の富国強兵策そのものです。 西洋に追いつけ追い越せ。 鎖国の時代に育ったのに、よく考え付いたものです。   龍馬は、以前の新選組!でも勝海舟に弟子入りする場面がありました。 その時は勝海舟が「俺のこと斬りにきて、感化された」

龍馬の弟子入りの続きを読む>

勝海舟登場

いよいよ、登場しました。 武田さんの江戸訛り、なかなかさまになってました。   ストーリーとして驚いたのは、あの饅頭屋さんが弟子入りしてた。 意外な展開でした。   龍馬の日本に対する考え方が、段々見えてきました。 島国に必要な海軍や海運を、説いていました。 海運のほうは、いずれ

勝海舟登場の続きを読む>

勝海舟

ついに、今週末登場ですね。 武田さんが、江戸っ子バリバリで予告にでてました。   勝海舟という人物、晩年は赤坂で過ごしました。 元は、本所辺りに住んでいたといわれています。 本所あたりは、旗本や御家人の屋敷が多かったようです。 お父さんが養子にはいって、武士になったようです。  

勝海舟の続きを読む>

役作り

龍馬伝を見ていると、福山さんはすごい。 土佐弁を、まるで土佐出身みたいに話してます。   NHKは、特に時代考証などが厳しいと思うけど。 その時代の、その土地の人になりきらなきゃいけません。 まあ、だから役者さんなんですけど。   江戸っ子の僕には、ピンとくるのは江戸っ子訛りくら

役作りの続きを読む>

カテゴリー
サイトナビ
リンク
更新履歴
大久保利通役(2010年9月16日)
長崎から薩摩へ(2010年9月15日)
寺田屋事件(2010年9月 8日)
グラバーさん(2010年8月20日)
薩摩と長州(2010年8月 3日)
長崎での龍馬(2010年7月21日)
龍馬の帰国(2010年7月 8日)
神戸操練所(2010年6月29日)
後藤象二郎(2010年6月22日)
龍馬ゆかりの地(2010年6月 1日)
  • Powerd by 似顔絵イラストメーカー