Top > 龍馬伝 > 勝塾ピンチ

勝塾ピンチ

勝塾がピンチですね。

結局は神戸操練所もろとも、頓挫しますけど。

当時は、幕府より諸藩の方がお金持ちだったようです。

 

松平春嶽にお金を無心したのは、知りませんでした。

幕末というと、新選組のほうに目が行ってしまうので。

しかしながら、気前よく貸してくれたものです。

もっとも、越前は金持ちですから。

 

海禁政策によって、幕府は通商面での利権は手にしていました。

もう少し早く、海軍に目を向けていればとも思います。

もっとも長崎の利権をオランダに譲ったのも、ポルトガルに攻められないためでした。

オランダは国としてではなく、東インド会社として接触してきましたから。

国ではないので、幕府の臣下におさまることもできたわけです。

 

参勤交代は、諸藩の国力を牽制する意味がありました。

今思えば、お金でもらっておいて貯めておけばとも思います。

もっとも参勤交代のおかげで、市中が潤ったのも事実。

あちらをたてれば、こちらがたたずです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

勝塾ピンチ

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://messagesong.readymade.jp/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

龍馬伝

関連エントリー
二本差し勝塾ピンチ山内容堂望月亀弥太内野聖陽本所南割り下水勝海舟と龍馬龍馬の弟子入り勝海舟登場勝海舟役作り
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
カテゴリー
サイトナビ
リンク
更新履歴
二本差し(2010年5月19日)
勝塾ピンチ(2010年5月17日)
迷惑電話(2010年5月14日)
福山雅治(2010年5月12日)
住宅版エコポイント(2010年5月12日)
山内容堂(2010年5月11日)
印象深いシーン(2010年5月 8日)
NHK放送センター(2010年5月 7日)
時代劇(2010年5月 6日)
望月亀弥太(2010年5月 5日)
  • Powerd by 似顔絵イラストメーカー